トップメッセージ

地域の皆様とともに、末永いお付き合いを。

佐藤工務所は、地元の小さな会社です。
私で3代目となりますが、このように長く続けてこられたのも、地域の皆様のお陰にほかなりません。
お客様の笑顔が見たくて励んできた社業ですが、誤りや無駄ない仕事を心掛け、ひたすら愚直に取り組んでまいりました。逆に言えば、そういった姿勢だからこそ、地域とともに歩んでこられたのかもしれません。
今後も地域の一員として恥ずかしくない仕事を心掛けますので、末永くお付き合いいただければと思います。
有限会社 佐藤工務所 代表取締役 佐藤 新多郎

私たちのこだわり

受け継がれてきた大工のこだわり

佐藤工務所は、技術にこだわります。私たちの仕事の基盤となっているのが、創業者・佐藤松之助から受け継がれてきた建築技術。松之助は社寺建築に携わり、古来から続く伝統の建築技術を身に付けていました。その技術と木材への理解は代々受け継がれ、松之助の「大工はお客様に仕事を求めず、お客様から求められる者であれ」という言葉とともに、私たちの寄りどころとなっています。

佐藤工務所は、安全にこだわります。代々受け継がれてきた技術と知識は、現代の住まいづくりにも発揮されています。2011年の東日本大震災では数多くの建物が被害を受けましたが、私たちが手掛けた物件での倒壊はありませんでした。これは木材の特性を生かし、確かな施工を貫いてきた姿勢によるものと考えています。また材料を無駄にしないことにも、同様にこだわっています。

私たちのこだわり

受け継がれてきた大工のこだわり。

佐藤工務所は、接客にこだわります。創業以来、建築主を第一に考えながら社業に励んでまいりました。物置から住宅、果ては学校や木造家具にいたるまで、お客様のご要望を形にいたします。古風な木造建築だけでなく、現代的な住まいの研究にも余念がありません。当社で新築した住まいを40年後にリフォームさせていただくなど、長年にわたって建物のケアを担当するケースもございます。

住まいづくりの流れ

みなさんの住まいづくりをスムーズに進めます。

住まいづくりの流れ

施工事例

大工が建てる家は、古い家しか建たないと思ってませんか?
そんなことはありません。

施主様のご要望に応じて設計から建築まで行います。
余った木材で簡単な椅子や机などもお作りすることができます。

まずは施工事例をご覧ください。

企業情報

会社概要
社名有限会社 佐藤工務所
代表者代表取締役 佐藤 新多郎(さとう・しんたろう)
設立1976年11月13日
資本金300万円
従業員2名
建設業許可福島県知事許可 建設業( 般-22)第18086号
業務概要建築工事全般、木造軸組工法による建築工事
会社沿革
1945年創業者の佐藤松之助が東京で建築業を始める。
1946年佐藤松之助が妻であるマツイの故郷、福島県に拠点を移す。
1976年有限会社佐藤工務所として法人化。
創業者の息子である、佐藤真治が社長に就任。
1998年2代目社長の息子である、佐藤新多郎が社長に就任。
2006年須賀川市立長沼東保育所木造校舎の木工事を担当。
2011年東日本大震災発生。当社施工物件の倒壊はなかった。